賃貸のリフォームをする時にはいろいろと確認事項があります

賃貸住宅リフォームの復旧義務

賃貸住宅リフォームの復旧義務 賃貸においては個別・集合住宅に関わらず原状回復義務を負います。
定義では賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超える使用による損耗・毀損を復旧することとしており、ここでは経年劣化や通常使用による損耗等は含まれません。
リフォームの場合は定義に抵触することになるため、賃借人は退去時に借り始めた状態に戻した上で返却をする必要があります。
原状回復は賃貸におけるトラブルの中でも多く、契約をする際には工事が可能なのか、また、可能であってもどの程度まで許されるのか、よく確認をすることが重要です。
賃貸では、最近では新しい形として入居者自らがリフォームをするDIY型と呼ばれるタイプがあります。
最大の特徴に入居者が復旧義務を負わない点があり、工事費を入居者が負担する分、賃料が安いというメリットを持ちます。
一方、契約をする際には注意が必要になり、ポイントとしては工事可能範囲の確認・原状回復範囲の確認・工事部分の残置及び撤去に関する確認の3つがあります。

賃貸住宅をリフォームすると原状回復の義務がある?

賃貸住宅をリフォームすると原状回復の義務がある? 賃貸住宅に住んでいる場合に、勝手にリフォーム等を行うと、退去の時に原状回復を求められることがあるので注意が必要です。
立地条件等が気に入って入居したが、入居後になって壁の色を替えたり、棚を設置する等のプチリフォームをしたいと思うことがあった時は、オーナーに交渉して了承を得れば実施可能です。
しかし、たとえ許可を得て設置したものについても基本的には退去時に元の状態に戻す必要があり、それは多くの場合、賃貸契約を結ぶ際に原状回復の義務が課されているからです。
賃貸住宅のオーナーが入居者によって物件に手を加えられることを厭うのは、物件の価値が下がることを気にかけるからです。
入居者本人の好みが万人に受け入れられるとは限りませんし、古いエアコンなどは後日撤去費用の発生なども出てきます。
賃貸住宅の運営を順調に行っていくためにも一定のレベルを保っておきたいのがオーナーの気持ちです。
一方で、入居者が決まれば退去するまでオーナーは何をしなくても良いわけではありません。
入居者が原因で起こる漏水などのトラブルには早急に対応しなければなりません。
オーナーあるいはその代理者と連絡を密にしておくと住みやすい家になります。

新着情報

◎2019/3/29

賃貸住宅に入居する際の審査
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

通勤通学範囲の地域で選ぶ
の情報を更新しました。

◎2018/11/21

賃貸住宅リフォームで理想の家づくり
の情報を更新しました。

◎2018/9/14

リフォーム時は近隣へ挨拶
の情報を更新しました。

◎2018/8/31

サイト公開しました

「賃貸 義務」
に関連するツイート
Twitter

賃貸借契約における賃貸人の修繕義務と賃借人の賃料支払義務は同時履行の関係に立つが、修繕義務が履行されないために目的物の使用収益ができないほどの場合であることを要する(大判/T10/9/26)。

賃貸借終了後明渡し前に所有者・賃貸人が交代した場合、敷金に関する権利義務は、旧所有者と新所有者の合意のみをもって当然に新所有者に承継されることはない。(参考:最判昭48.2.2)

Twitter京大法律相談部非公式bot@kuhoso

返信 リツイート 3:16

土地の無断転貸をした賃借人が賃貸人に対し、転借人が不法に投棄した産業廃棄物を賃貸借契約終了時に撤去すべき義務を負うとした事例(最判/H17/3/10)。

賃貸借存続中に所有者・賃貸人が交代した場合、旧賃貸人に交付された敷金は、未払賃料があれば当然に充当され、残額があればそれについての権利義務が新賃貸人に承継される。(参考:最判昭44.7.17)

Twitter京大法律相談部非公式bot@kuhoso

返信 リツイート 昨日 20:16

賃貸借終了後明渡し前に所有者・賃貸人が交代した場合、敷金に関する権利義務は、旧所有者と新所有者の合意のみをもって当然に新所有者に承継されることはない。(参考:最判昭48.2.2)

Twitter京大法律相談部非公式bot@kuhoso

返信 リツイート 昨日 13:16

NHKさ、払うのは構わないけどなんで家に急に訪れた男に払わなきゃいけないわけ?女は怖いんだよそういうの。 賃貸契約する時に義務付ければいいじゃん。 怖いわ。

転貸借関係においては、転借人は、賃貸人に直接、賃料等の支払い義務を負う。転借人は、賃借人に賃料を前払いしていても、賃貸人の請求があれば、これを理由に賃貸人への支払を拒むことはできない。

賃貸借契約における賃貸人の修繕義務と賃借人の賃料支払義務は同時履行の関係に立つが、修繕義務が履行されないために目的物の使用収益ができないほどの場合であることを要する(大判/T10/9/26)。

【民法】 賃借権の譲渡・転貸 Aの承諾必要。無断の場合、Aは契約解除可能(特段の事情があるとき以外) 建物の賃貸は土地の転貸とはならない。 地主の承諾に代わる裁判があれば可能。 無断譲渡、無断賃貸ではAC明渡・損賠請求、妨害排除可能 承諾転貸ではAに直接義務を負う ※AB解除の時

【民法】 賃貸人の義務 修繕義務 費用償還義務 ・必要費:支出と同時に全額請求可能 ・有益費:賃貸借契約終了時に価格の増加が現存する場合に限り、支出額か増加額を請求可能(賃貸人が選択) 担保責任 賃借人の義務 賃料は後払原則 目的物の保管義務 終了時の目的物返還義務:現状回復